Line Up

ラインナップ

Kenshin Uesugi

上杉謙信

01
「軍神」「越後の龍」など、様々な呼び名で恐れられた戦国時代でも類を見ないほどの戦上手。 武田信玄とは何度も戦を行っているが、武田勢が深刻な塩不足に陥った際、わざわざ塩を送るなど、情に厚い逸話も多数残っている。(この逸話は敵に塩を送るの語源ともいわれている) 自らを毘沙門天の化身と公言しており、旗印も毘沙門天の頭文字を取り、「毘」となっている。
Kenshin Uesugi

上杉謙信

View
Kenshin Uesugi

上杉謙信

02
「軍神」「越後の龍」など、様々な呼び名で恐れられた戦国時代でも類を見ないほどの戦上手。 武田信玄とは何度も戦を行っているが、武田勢が深刻な塩不足に陥った際、わざわざ塩を送るなど、情に厚い逸話も多数残っている。(この逸話は敵に塩を送るの語源ともいわれている) 自らを毘沙門天の化身と公言しており、旗印も毘沙門天の頭文字を取り、「毘」となっている。
Kenshin Uesugi

上杉謙信

View
naomasa ii

井伊直政

03
家康直下の家臣として、徳川家に長く重臣として用いられ、「三傑」「徳川四天王」「徳川十六神将」それぞれの一人として、その功臣っぷりが伺える。 戦では、甲冑を始め装備品を赤色で統一させた「井伊の赤備え」が有名であり、直政本人も「井伊の赤鬼」と恐れられていた。 これは、元々武田軍にて、赤備えの先駆けとなった山県昌景の遺志を継ぐ側面と、戦の最中でも自身の部下の位置を把握できるという、非常に理にかなった先方でもあり、後の豊臣秀吉ですら手こずるほどであったという逸話も残っている。 井伊直虎の義理の息子でもあり、この2代で井伊家は大いに栄えたといわれている。
naomasa ii

井伊直政

View
naomasa ii

井伊直政

04
家康直下の家臣として、徳川家に長く重臣として用いられ、「三傑」「徳川四天王」「徳川十六神将」それぞれの一人として、その功臣っぷりが伺える。 戦では、甲冑を始め装備品を赤色で統一させた「井伊の赤備え」が有名であり、直政本人も「井伊の赤鬼」と恐れられていた。 これは、元々武田軍にて、赤備えの先駆けとなった山県昌景の遺志を継ぐ側面と、戦の最中でも自身の部下の位置を把握できるという、非常に理にかなった先方でもあり、後の豊臣秀吉ですら手こずるほどであったという逸話も残っている。 井伊直虎の義理の息子でもあり、この2代で井伊家は大いに栄えたといわれている。
naomasa ii

井伊直政

View
naotora ii

井伊直虎

05
井伊家滅亡の危機を救った女城主として有名です。 井伊家や領地内で不幸や不運が続く中 城主として領土をまとめ上げ 一度は滅亡の危機に瀕した井伊家を 徳川家康の力を借りて復興するという大きな決断をした人物でもあります。 女性の為、井伊家当主としては数えられていない直虎ではありますが 彼女がいなければ、井伊家の存続はなしえなかったとも言われています。
naotora ii

井伊直虎

View
naotora ii

井伊直虎

06
井伊家滅亡の危機を救った女城主として有名です。 井伊家や領地内で不幸や不運が続く中 城主として領土をまとめ上げ 一度は滅亡の危機に瀕した井伊家を 徳川家康の力を借りて復興するという大きな決断をした人物でもあります。 女性の為、井伊家当主としては数えられていない直虎ではありますが 彼女がいなければ、井伊家の存続はなしえなかったとも言われています。
naotora ii

井伊直虎

View
Masamune Date

伊達政宗

07
あと20年生まれが早ければ天下を取れた、と言われる天才。 幼き日に、天然痘を患い、片目を失明している為 眼帯をつけた姿が印象に残っている方も多いと推察される。 「独眼竜」という異名からも、当時から畏敬の念を受けていた事がわかる。 また、その逸話からも、野心家であったことが伺える内容が数多く残されており、その生涯は不遇であったとも言われている。
Masamune Date

伊達政宗

View
Masamune Date

伊達政宗

08
あと20年生まれが早ければ天下を取れた、と言われる天才。 幼き日に、天然痘を患い、片目を失明している為 眼帯をつけた姿が印象に残っている方も多いと推察される。 「独眼竜」という異名からも、当時から畏敬の念を受けていた事がわかる。 また、その逸話からも、野心家であったことが伺える内容が数多く残されており、その生涯は不遇であったとも言われている。
Masamune Date

伊達政宗

View
プレースホルダー
09
現代日本の礎を築いたといっても過言ではない、江戸幕府の創始者です。 約250年に渡る太平の世を作り上げた彼ですが、その生涯は決して順風満帆とは言えないものでした。 その不遇な障害が、家康の慎重さや、現実主義者という性格を形作り 結果として、戦国時代の覇者となったと言われています。 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」 この俳句の中に、彼の生涯が凝縮されています。
View
ieyasu tokugawa

徳川家康

10
現代日本の礎を築いたといっても過言ではない、江戸幕府の創始者です。 約250年に渡る太平の世を作り上げた彼ですが、その生涯は決して順風満帆とは言えないものでした。 その不遇な障害が、家康の慎重さや、現実主義者という性格を形作り 結果として、戦国時代の覇者となったと言われています。 「鳴かぬなら 鳴くまで待とう ホトトギス」 この俳句の中に、彼の生涯が凝縮されています。
ieyasu tokugawa

徳川家康

View
プレースホルダー
11
歴史は勝者が作ると言われる中で、最たる例としても挙げられる武将です。 古くから織田信長とも親交があり、右腕ともいわれていた光秀ですが なぜ、本能寺の変という歴史的事件を起こしたのか? 公家方との繋がり、信長との確執、黒幕の存在など その真相は未だ謎に包まれています。
View
プレースホルダー
12
歴史は勝者が作ると言われる中で、最たる例としても挙げられる武将です。 古くから織田信長とも親交があり、右腕ともいわれていた光秀ですが なぜ、本能寺の変という歴史的事件を起こしたのか? 公家方との繋がり、信長との確執、黒幕の存在など その真相は未だ謎に包まれています。
View
プレースホルダー
13
代々服部家の当主として「服部半蔵」の名を世襲してきたともいわれている、忍者の家系ですが 実のところ、忍者として暗躍していたのは初代服部半蔵のみであったともいわれています。 徳川家康の家臣として、活躍していた2代目服部半蔵は、その無類の戦働きにより 徳川十六神将の一人として数えられており 本能寺の変が発生した際、三河まで戻ろうとしている徳川家康を補佐するために 伊賀忍者を纏め上げ、そのまま伊賀忍の党首として活躍をしたという逸話が残っています。
View
プレースホルダー
14
代々服部家の当主として「服部半蔵」の名を世襲してきたともいわれている、忍者の家系ですが 実のところ、忍者として暗躍していたのは初代服部半蔵のみであったともいわれています。 徳川家康の家臣として、活躍していた2代目服部半蔵は、その無類の戦働きにより 徳川十六神将の一人として数えられており 本能寺の変が発生した際、三河まで戻ろうとしている徳川家康を補佐するために 伊賀忍者を纏め上げ、そのまま伊賀忍の党首として活躍をしたという逸話が残っています。
View
プレースホルダー
15
「家康に過ぎたるものは二つあり、唐(から)の頭(かしら)に本多平八」 諸説ありますが、当時最強を誇った武田軍をもってして そこまでの評価をされるほどの戦人であったと言われています。 身丈も大きく、生涯57回の戦で一度も傷を負わなかったなど 武人として数々の逸話が残されています。 徳川四天王の一人として数えられており、現代でも最強の武神として描かれることも多い武将です。
View
Tadakatsu Honda

本田忠勝

プレースホルダー
16
「家康に過ぎたるものは二つあり、唐(から)の頭(かしら)に本多平八」 諸説ありますが、当時最強を誇った武田軍をもってして そこまでの評価をされるほどの戦人であったと言われています。 身丈も大きく、生涯57回の戦で一度も傷を負わなかったなど 武人として数々の逸話が残されています。 徳川四天王の一人として数えられており、現代でも最強の武神として描かれることも多い武将です。
Tadakatsu Honda

本田忠勝

View
プレースホルダー
17
織田信長の重臣として、長く登用されていた勝家ですが 元々は信長の兄、信行に仕えていました。 戦の結果、信長が勝利し、忠誠を誓う事で許された柴田勝家、 その忠義を行動で示す為か、自ら先鋒を買って出ていたと言われています。 戦場では鬼神のような戦働きを見せ、「鬼柴田」「掛かれ柴田」と恐れられていました。
View
katsuie shibata

柴田勝家

18
織田信長の重臣として、長く登用されていた勝家ですが 元々は信長の兄、信行に仕えていました。 戦の結果、信長が勝利し、忠誠を誓う事で許された柴田勝家、 その忠義を行動で示す為か、自ら先鋒を買って出ていたと言われています。 戦場では鬼神のような戦働きを見せ、「鬼柴田」「掛かれ柴田」と恐れられていました。
katsuie shibata

柴田勝家

View
Shingen Takeda

武田信玄

19
「風林火山」で有名な、戦国時代最強の一角でもある武将です。 徳川家康に唯一泥をつけた武将でもあり、織田信長が最も恐れた武将の一人です。 上杉との戦を繰り返しながらも、着実にその力を強大なものとしていましたが いよいよ上洛というまさにその時、病によりその生涯を終えたと言われています。
Shingen Takeda

武田信玄

View
Shingen Takeda

武田信玄

20
「風林火山」で有名な、戦国時代最強の一角でもある武将です。 徳川家康に唯一泥をつけた武将でもあり、織田信長が最も恐れた武将の一人です。 上杉との戦を繰り返しながらも、着実にその力を強大なものとしていましたが いよいよ上洛というまさにその時、病によりその生涯を終えたと言われています。
Shingen Takeda

武田信玄

View
プレースホルダー
21
織田信長の妹である「お市の方」と結婚をし、美男美女夫婦として今でも有名です。 また、長政の最期のエピソードは現代でも多くの方が知っていると思われます。 仁義の為に苦渋の決断を迫られ、結果信長に背を向けたその逸話ですが 昨今では内容に疑問を持たれることもあり、今後の研究にも期待が高まります。
View
プレースホルダー
22
織田信長の妹である「お市の方」と結婚をし、美男美女夫婦として今でも有名です。 また、長政の最期のエピソードは現代でも多くの方が知っていると思われます。 仁義の為に苦渋の決断を迫られ、結果信長に背を向けたその逸話ですが 昨今では内容に疑問を持たれることもあり、今後の研究にも期待が高まります。
View
プレースホルダー
23
マムシと言われた斎藤道三の娘であり、織田信長の正室であったと言われています。 政略結婚に使われた身でありながら、非常に頭の切れる人物であったとも称されており そのエピソードの中には、父親である斎藤道三からの信頼や 織田信長からも厚い信頼を受けていたことが伺えます。
View
nouhime

濃姫

24
マムシと言われた斎藤道三の娘であり、織田信長の正室であったと言われています。 政略結婚に使われた身でありながら、非常に頭の切れる人物であったとも称されており そのエピソードの中には、父親である斎藤道三からの信頼や 織田信長からも厚い信頼を受けていたことが伺えます。
nouhime

濃姫

View
Yukimura Sanada

真田幸村

25
実は「幸村」の名が広がったのは後世になってからであり、真田 信繁の名で語られることが多い。 大坂夏の陣に際し、徳川本陣まで攻め込む程の活躍を見せ、 「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と称される 戦国時代最強と言われていた武将の一人である。 その忠義と人柄から、主役のように描かれる作品も多く 今でも多くの人に好かれている戦国武将である。
Yukimura Sanada

真田幸村

View
Yukimura Sanada

真田幸村

26
実は「幸村」の名が広がったのは後世になってからであり、真田 信繁の名で語られることが多い。 大坂夏の陣に際し、徳川本陣まで攻め込む程の活躍を見せ、 「日本一の兵(ひのもといちのつわもの)」と称される 戦国時代最強と言われていた武将の一人である。 その忠義と人柄から、主役のように描かれる作品も多く 今でも多くの人に好かれている戦国武将である。
Yukimura Sanada

真田幸村

View
プレースホルダー
27
非常にまっすぐな性格で、不器用な人間であったことから 数多くの味方と、数多くの敵を作ってしまった武将でもあります。 豊臣秀吉が天下を取ったのち、朝鮮出兵の際にも そのまっすぐで不器用な性格から、いわゆる武闘派と言われる 武将達との確執が出来てしまい 結果、関ケ原の合戦では敵と味方に分かれて戦うことになってしまったりと 自分を曲げることができない人物であったと言われています。 関ケ原の合戦での敗戦後も、処刑される最後の時まで豊臣家に忠義を尽くし 徳川家康から「大将の道を知る」「人の出来が違う」と絶賛されたといわれています。
View
mitsunari ishida

石田光成

28
非常にまっすぐな性格で、不器用な人間であったことから 数多くの味方と、数多くの敵を作ってしまった武将でもあります。 豊臣秀吉が天下を取ったのち、朝鮮出兵の際にも そのまっすぐで不器用な性格から、いわゆる武闘派と言われる 武将達との確執が出来てしまい 結果、関ケ原の合戦では敵と味方に分かれて戦うことになってしまったりと 自分を曲げることができない人物であったと言われています。 関ケ原の合戦での敗戦後も、処刑される最後の時まで豊臣家に忠義を尽くし 徳川家康から「大将の道を知る」「人の出来が違う」と絶賛されたといわれています。
mitsunari ishida

石田光成

View
プレースホルダー
29
元は斎藤家に仕えていた若き天才軍師。 難攻不落と言われた稲葉山城を僅かな手勢とともにたった一日で落とすなど その知略を買われ、織田信長に見初められます。 結果として、説得に伺った後の豊臣秀吉の与力として、その生涯を捧げることとなりましたが 黒田官兵衛とともに「二兵衛」と言われ、数々の戦を勝利に導きました。 竹中半兵衛の戦略は「いかに被害を少なく、人心を失わずに勝つか」という部分に重点が置かれていた ともいわれており、秀吉の人心掌握の一つになっていたことは疑うべくもありません。
View
プレースホルダー
30
元は斎藤家に仕えていた若き天才軍師。 難攻不落と言われた稲葉山城を僅かな手勢とともにたった一日で落とすなど その知略を買われ、織田信長に見初められます。 結果として、説得に伺った後の豊臣秀吉の与力として、その生涯を捧げることとなりましたが 黒田官兵衛とともに「二兵衛」と言われ、数々の戦を勝利に導きました。 竹中半兵衛の戦略は「いかに被害を少なく、人心を失わずに勝つか」という部分に重点が置かれていた ともいわれており、秀吉の人心掌握の一つになっていたことは疑うべくもありません。
View
Nobunaga Oda

織田信長

31
言わずと知れた戦国時代で最も有名な武将の一人。 直情的な人物像で描かれることも多いが 実はかなりの人情家であった事が残された資料などからも伺える。 また、人心掌握と頭の回転の速さは当時としては考えられない程であったと言われており、現在の日本を形作った一人であるといえよう。
Nobunaga Oda

織田信長

View
Nobunaga Oda

織田信長

32
言わずと知れた戦国時代で最も有名な武将の一人。 直情的な人物像で描かれることも多いが 実はかなりの人情家であった事が残された資料などからも伺える。 また、人心掌握と頭の回転の速さは当時としては考えられない程であったと言われており、現在の日本を形作った一人であるといえよう。
Nobunaga Oda

織田信長

View
Hideyoshi Toyoyomi

豊臣秀吉

33
百姓の息子、田舎侍と言われながら、その類稀なる才覚により 最後には天下人にまで上り詰めた天才です。 己の実力もさることながら、その人心掌握力により 配下たちの力を十二分に引き出し、人たらしと言われるほどだったと言われています。 しかし、晩年には人が変わったかのように、処刑や朝鮮出兵といった 傲慢な施策を繰り返していたともいわれています。
Hideyoshi Toyoyomi

豊臣秀吉

View
Hideyoshi Toyoyomi

豊臣秀吉

34
百姓の息子、田舎侍と言われながら、その類稀なる才覚により 最後には天下人にまで上り詰めた天才です。 己の実力もさることながら、その人心掌握力により 配下たちの力を十二分に引き出し、人たらしと言われるほどだったと言われています。 しかし、晩年には人が変わったかのように、処刑や朝鮮出兵といった 傲慢な施策を繰り返していたともいわれています。
Hideyoshi Toyoyomi

豊臣秀吉

View
プレースホルダー
35
豊臣秀吉に仕えた天才軍師。 忠義者と描かれることも多いですが、逸話の中には野心家である一面を表す物もあり 他人の物差しでははかりきれない人物であったとか 非常に我が強い人物であったなどというエピソードも残されています。 兵糧攻めや水攻めなど、相手や場所に合わせた適切な戦略を使い 豊臣秀吉だけでなく、秀吉の死後に仕えた徳川家康も重宝していたと言われています。
View
kanbee kuroda

黒田官兵衛

36
豊臣秀吉に仕えた天才軍師。 忠義者と描かれることも多いですが、逸話の中には野心家である一面を表す物もあり 他人の物差しでははかりきれない人物であったとか 非常に我が強い人物であったなどというエピソードも残されています。 兵糧攻めや水攻めなど、相手や場所に合わせた適切な戦略を使い 豊臣秀吉だけでなく、秀吉の死後に仕えた徳川家康も重宝していたと言われています。
kanbee kuroda

黒田官兵衛

View

ショッピングカート

小計 ¥0
ご請求額 ¥0